ブスのDNA

読者の皆様こんにちは!!
もうさっそく本題に入っていきましょう!!

タイトル通りです。
なぜ私みたいなブスがこの世に存在するのか、という話です。

だっておかしいと思いませんか?人類の進化論的に考えて、私の顔面レベルなんぞとっくに淘汰されていいはずなのに。

生物が生き残るうえで、都合のいい方を自然選択する。進化論を簡単に言うとこんな感じです。

この考え方を前提とするならば、我々人間が生き残るのに都合がいいのは間違いなく美しい方。ここで疑問なのが、なぜ私みたいなブスがまだ生き残っているのか、ということです。
これには何か理由があり、ブスには何か使命があるのかもしれません。

今日は、ブスがこの世に未だ存在する理由について、私の考えを語っていきたいと思います。

まず、美醜は時代によって変わること。次に、昔は今と違い好きな人と結婚するのが当たり前ではなかったこと。そして、実はDNAとしてブス遺伝子の方が優勢なのではないか、ということ。

ところで話は変わりますが、私は最近英語を勉強しています。そこで気付いたのですが、「愛」も「恋」も英語では「love」になるんですね。「love」には他にも意味があり、「慈悲」とかも「love」らしいです。

素敵だなと思いました。愛も恋も慈悲も全部「love」です。

もしかしたら、お情けで付き合ってもらってるかもしれない。仕方なく結婚したかもしれない。そう、慈悲で。

それでも、だんだんそのブスやそのブスとのブスの子供を想うようになった。

美人とイケメンだけでなくブスが生き残っているのには、そういう背景があるのかもしれませんね。

ブスが生き残っているわけは、いろんなかたちの「love」だと思うと、なんだか嬉しい気持ちになって自己完結しちゃいました。

ブスも誰かの「love」のかたちなのかと思うと、卑屈になるのも違う気がしますね。

ブスはブスでも、願わくば誰かに想ってもらえるブスになりたいです。

さて、クリスマスも近付いてきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は相変わらずのクリぼっちです。それでも私は頑張ります。
ブスの皆様、明日も笑顔でブスを生きましょう!

「ありがとう」で恋のチャンスをつかみ取れ!

もういくつ寝ると…クリスマス。

クリスマスの話題かと思ったそこのあなた。甘い。

甘すぎるので、ホットコーヒーでも飲んでなさい。最近寒いし。

 

皆さん最近「ありがとう」って声に出してますか?

出してない?そう、そこにチャンスが隠れています。

 

普段ありがとうと言っていない人ほど、ありがとうに内なる力が秘められているのです。ジャイアン映画版の法則(詳しくはぐーぐる先生に聞いて下さい)ですね。

 

私の経験を一つ。

授業中にクラスメイトに消しゴムを貸しました。

そのクラスメイトはクールというかぶっきらぼうというか、あまり話したこともない男子でした。お昼休みに廊下で友達と喋っていると、消しゴムを貸した男子が通りかかり、ボソッと一言。

 

「ありがとう」

 

…去り際の「ありがとう」最高。

 

クリスマスまでに彼氏彼女を作ることも夢じゃない…?

ちなみに私はクリスマス丸一日バイトです。強く生きましょう。

 

(ライター:おっしー)

 

 

怪獣にも恋愛感情はあるのだろうか?

人は恋をする。

犬も猫も恋をする。

 

それでは空想上の生物「怪獣」も恋をするのだろうか。

 

皆さんもご存じ「ゴジラ」。

ゴジラには息子がいます。

それも「ミニラ」。

 

ゴジラに息子がいるというということは

ゴジラには相手はいるのだろうか?

映画上では語られていないが

恐らくいるものだと考える。

 

ゴジラは自分の必殺技である放射熱戦を

息子のミニラに教えているシーンが作中にある。

ゴジラがメスなのかオスなのかは不明だが母性本能が存在する。

 

また、ハリウッド版ゴジラでは敵怪獣の「ムートー」。

ムートーにはつがいがいて、お互いが久々に出会ったシーンでは

イチャイチャし始めるなどまるで人間のような行動に出る。

 

結論

怪獣にも恋愛感情はある。

 

破壊を求める怪獣でも恋愛には勝てない。

何かの野望を果たすよりも恋愛という本能には劣るのだ。

 

そういう視点で特撮怪獣映画をみても面白いかもしれない。

クリスマスにまだ間に合う!プチプラで作る♡おすすめスキンケア

こんにちは!一介の女子大生です。
今日も元気に更新しましょう!

そろそろクリスマスですね

皆さんはクリスマスの予定はもう入ってるでしょうか?

恋人と過ごしたり、家族や友達と過ごしたり、仕事だったり、、、

一人で過ごすなんて人もいるでしょう。

私は華のJK時代にクリスマスをぼっちで過ごしたことがあります。

一緒に過ごす彼氏も友達も居ないという、このなんとも言えないJK時代…

あんまり思い出したくないですね(笑)


さぁ!今日の本題に参りましょう。

クリスマスは特別なイベントということで、

既になにかしら予定の入ってる女性の皆さん、特に恋人と一緒に過ごす方は

色々と準備を始めているのではないでしょうか。

クリスマスプレゼントを用意したり、新しい服を買ってみたり、美容院を予約してみたり…

特別な日はイルミネーションよりもキラキラ光る自分を演出したい、とかなんとか思ってしまいますよね!


でもいくら着飾ったりスタイリングしても、やっぱり綺麗の基盤となる"肌"の調子が悪かったら、イマイチきまらないものです。


そこで今回はクリスマスまでに間に合う!

しっとりぷるぷるお肌を作る3アイテムを紹介します♪

これは最近私が実際に試して効果を感じた方法です。

また、私は一介の女子大生ということで、お金は持ってません!

ので、全て1000円以下のプチプラな商品を紹介します!お気軽に試せますよ♡

以下、詳細です。


①お風呂上がりに、「KOSE コーセー クリアターン エッセンスマスク (ビタミンC) 3」で5〜10分パックする。

KOSE コーセー クリアターン エッセンスマスク (ビタミンC) 30回分 リーフレット付

KOSE コーセー クリアターン エッセンスマスク (ビタミンC) 30回分 リーフレット付


②パックしたあと、「なめらか本舗 しっとり化粧水NA」で潤いを追加する。

なめらか本舗 化粧水NA 200ml

なめらか本舗 化粧水NA 200ml


③化粧水が馴染んできたら、「ニベアクリーム(青缶)」を顔全体に薄く伸ばしていく。


これで終了です!簡単!分かりやすい!しかも安い!最高!

パックは30枚入りで、毎日使っても1か月使用できて大変お得です。

またビタミンCは美白効果があるので、パック後はなんとなく肌がワントーン上がったような気がします!


このスキンケアを始めてから肌の調子がめちゃくちゃ良くなったので、皆さんにもぜひ一度試して頂きたいです(*^ー^*)ぷるっぷるやで…

ぷるぷる肌でクリスマスを謳歌しちゃいましょう!


【気になる女子に思わず男子がとってしまう行動】

 

 

 

 

好きな人に対してはついつい男の子はいつもと違う行動をとってしまいがち。

そこで今回は、気になる女性に取ってしまいがちな男子の行動を5パターン紹介します。

 

 

 

 

 

【1.目が合う】 

これはもう鉄板ですよね。ついつい気になる女子は何をしているのかな~と目で追ってしまいます。思い切って、目が合ったときは素敵な笑顔で彼女に手を振ってみてはいかがでしょう!? 

 

 

【2.ついついケータイを気にしてしまう】 

LINESNSなどメール以外にも今は様々な方法で人と繋がることができます。好きな女子からの連絡には男子は誰だって敏感なはず。ついついケータイの通知画面を気にしている男子は恋をしている可能性が多いかも!?

 

 

 

【3.わざと素っ気ない態度をとる】 

好きな女子にはいたずらをしたかと思えば男子はそっけない態度をとりがち。なんでこの人私のことからかってくるんだろう?・・・そう思ったときから恋の始まりカモ!?

 

 

 

【4.どうでもいいことを連絡してくる】 

今日は所属しているサッカーの試合があるんだ!とか、今日はこんなの食べたよ!とか、日記のようなどうでもいい文章を送ってしまう男子も。なぜこんなTwitterみたいなつぶやきを私に・・・?おかしいなあと思ったあなた。彼に好かれているのかも。

 

 

 

【5.休みの日、何してたの?と探ってくる】 

休みの日・・・それはプライベートな一面でもあります。彼女は暇な時間には何をしているんだろう?カフェ?女子会?・・・はたまたほかの男子と遊んでいるのかも・・・?気になって聞いてしまう男子もいるはず。

 

 

 

以上、気になる女子に取ってしまう行動5パターンでした。

あれ?もしかして当てはまっているかも?そこのアナタ、恋のスタートが近づいているかもしれませんよ。

 

 

 

 

(ライター・ほーりー)

友達から気になる異性へ!昇格の鍵は「コンプレックスを褒めること」!?

こう思ったことはないだろうか。

 

「どうしたらただの友達から抜け出せるのだろうか」

「好きな相手の恋愛対象になりたい」

 

しかし、友達という0の状態から1を作ることはそう簡単ではない。

ではどうしたらいいのか。

 

そのためのキーワードは『コンプレックス』。

 

皆さんにはコンプレックスと感じている部分があるだろうか。

筆者は頭が長いところがコンプレックスである。顔ではなく頭だ。眉から上。

産まれたばかりの私を、初めて抱っこした祖父の一言が「頭長ぇな!」だったというから可哀想で涙が出る。

 

本題に戻ろう。

そういったコンプレックスを上手く使えば、あの子が振り向いてくれるきっかけになるというのが今回の話だ。そう、コンプレックスを褒めるのだ。

 

ここで筆者の実体験を書こう。

中学3年生の時、友達が急に背比べをしようと言い出した。近くにいた男子(Aくん)が、どちらがより高いかを見ると買って出た。

結果は私の勝利。しかし友達は納得しなかった。目線が同じなのに私が負けるなんておかしい、と。

すると友達は何かに気づいた。「頭長くない?」

 

ばれた。

 

笑いが止まらなくなる友達。デリカシーのない友達に泣きそうになる私。

そしてずっと黙っていたAくんが口を開いた。

 

「いっぱい脳みそが詰まってんだよな!」

 

衝撃だった。

Aくんが意図して発言したかは分からなかったが、この一言にどれだけ救われたことか。ただの友達だったAくんが、急に気になる異性へと浮上した瞬間だった。

 

好きな相手がコンプレックスに悩んでいたら、声をかけてみてほしい。

しかし、別にコンプレックスと思っていないところをつついてしまう場合もあるので要注意。

 

健闘を祈る。

 

 

光のページェントのジンクス


この間夜中に定禅寺通りを歩いたら光のページェントの準備の最中でした


街も人も本格的に浮つきはじめています

クリスマス何する?なんて会話もちらほら聞こえてきますね


クリスマスかぁ…


光のページェントをカップルで観に行く人も多いのではないでしょうか

ちなみに仙台ではこんなジンクスがあります


光のページェントを一緒に観たカップルは別れる


みなさんこれどう思います??


、、、まあジンクスがあってもなくても別れる時は別れるし続く時は続きます


これを見ているカップルの方、是非試してみては!!